デッドスペースを有効活用!
全ての内装材、設備を一新、
新築同様の仕上がりに

112 113

築20年のマンション内装をリフォーム
マンション購入当初とはライフスタイルも変わり、
今に合わせた間取りや設備に変更です。

114 115

お風呂は、お孫さんとゆったり入れる様に
限界ギリギリの両サイド20cmサイズアップに変更。
既存の浴室もユニットですが、タイル張りの為、掃除が大変との不満がありました。
浴室出入り口の奥に洗面台が配置されておりましたが、
今度はここに洗濯機が配置されます。
解体後に分かった事なんですが、左の赤丸の所に収納出来そうな
素敵なスペースを発見したのです。完成写真にて確認頂けます。
マンションだと、特にこういった掘り出しもののスペースがある場合があります。

116 117

キッチンの配置を変える計画もありましたが、
LDの面積を広く、など色々協議した結果今の位置のまま
最新のキッチンにしました。
天井の吊戸はほとんど使用していないという事だったので
空間を広く見せる為にも吊戸無しで天井をフラットにしました。

他、床や壁、内装建具等も全て一新しました。
特に、下駄箱の扉は高級な扉を使用しました。

118 119

和室の畳だった部分は床のレベルが違うので
置床工法にて造作し板の間と同じ高さに調整。
間取りも変更となるので、既存の間仕切りをそっくり解体。
バルコニーから玄関までの壁が突き抜けている状態に。

120 121

北側の躯体はどうしても結露してしまい、
カビ発生→石膏ボード&クロスがボロボロになってしまう為、
躯体コンクリートに直接発泡断熱材を吹き付け施工しました。

右の写真は解体後の脱衣場
赤丸のスペースが奥行き30cmもの空きのスペースがあった箇所です。
ここをうまいこと収納棚に出来たら素敵ですね。

公開時期 2015年9月
クライアント M様
規模 -
施工内容 フルリフォーム 間取り変更
施工期間 約2ヶ月
施工費用 約400万
カテゴリー